Diamondbacks Explorer完成形

MAX75LyジャンプできるDiamondback Explorerを作るよ

Diamondback Explorerを移動用に使うために、とにかくFSDジャンプ能力の高いものを目指しました。
AnacondaのMax80Lyには劣りますが、保険金75万CRでお釣りがくるコストパフォーマンスは魅力的でしょう?Anacondaの保険金1,300万CRですし!輸送量ももちろん安いですし!

ちなみにエンジニアカスタム(EC)なし、Guardian FSD Boosterもなしの場合、41.11Ly(40.70Ly)です。
あとAsp ExplorerはありありでもMax59.04Ly。

完成形はこんな感じになる予定。

Diamondbacks Explorer完成形
https://s.orbis.zone/kso

さっそくいきましょう。
エンジニアカスタム(EC)のブループリントを利用する改造は《 》、オプション改造は【 】で表示します。

HARDPOINTSとUTILITY MOUNTSは無視。

CORE INTERNALから

Alloy

→ Lightweight Alloy
これは重量0なのでECは自由。やらなくてもいいです。
オススメは弱体化されるのが重量になる《Heavy duty》+【Deep Plating】

Power Plant

→ 2A
元は4Eがついてますが、これを軽量化のため2Aまで落とします。
必要なのはオプション【Stripped Down】だけ。
《Overcharged》のgrade1にしてオプションだけつけても可です。
※オプションだけつけるのは出来ないからです。

対応エンジニア:
  • Hera Tani(Grade5まで)
  • Felicity Farseer(Grade1まで)
  • Marco Qwent(Grade4まで)

Thruster

→ 4D
軽いDクラスにして、これも必要なのはオプション【Stripped Down】だけ。
《Clean》のgrade1にしてオプションだけつけても可です。
※オプションだけつけるのは出来ないからです。

対応エンジニア:
  • Professor Palin(Grade5まで)
  • Elvira Martuuk(Grade2まで)
  • Felicity Farseer(Grade3まで)

これで+0.09Ly

Frame Shift Drive

→ 5A
最高のものを。ブループリントはもちろん《Increased Range》オプションは【Mass Manager】

対応エンジニア:
  • Elvira Martuuk(Grade5まで)
  • Felicity Farseer(Grade5まで)

《Increased Range》

Grade 素材 Cost 回数
1 [1]Atypical Disrupted Wake Echoes 1 1
2
[1]Atypical Disrupted Wake Echoes 1
1
[2]Chemical Processors 1
3
[1]Phosphorus 1
2
[2]Chemical Processors 1
[3]Strange Wake Solutions 1
4
[2]Manganese 1
2
[3]Chemical Distillery 1
[4]Eccentric Hyperspace Trajectories 1
5
[2]Arsenic 1
6
[4]Chemical Manipulators 1
[5]Datamined Wake Exceptions 1

【Mass Manager】

素材 Cost
[1]Atypical Disrupted Wake Echoes 5
[2]Galvanising Alloys 3
[4]Eccentric Hyperspace Trajectories 1

これで+24.18Ly

Life Support

→ 3D
軽いDクラスにして、これはオプション付けられません。
ブループリントは《Lightweight》これのGradeは最高で4です。

対応エンジニア:
  • Lori Jameson(Grade4まで)
  • Bill Turner(Grade3まで)

Lori JamesonはコンバットランクがDangerous以上にならないと改造してくれないのです。

Power Distributor

→ 3D
1段階下の軽いDクラスにして、これのブループリントで軽量化はないので
《Engine Focused》のGrade1にしてオプション【Stripped Down】だけでも良いです。

対応エンジニア:
  • The Dweller(Grade5まで)
  • Hera Tani(Grade3まで)
  • Marco Qwent(Grade3まで)

Sensors

→ 3D
軽いDクラスにして、ブループリント《Lightweight》Grade5です。
オプションはありません。

対応エンジニア:
  • Bill Turner(Grade5まで)
  • Juri Ishmaak(Grade5まで)
  • Lei Cheung(Grade5まで)
  • Lori Jameson(Grade5まで)
  • Tiana Fortune(Grade5まで)

Fuel Tank

→ 3C
少し小さいものに。

Optional Internal

4H Guardian Frame Shift Drive Booster
4A Fuel Scoop

この状態でMax 75.48Ly(74.83Ly)ジャンプ可能になります。

Advanced Discovery ScannerとDetailed Surface Scannerを搭載するとMax 74.76Ly(74.12Ly)になります。

以上!
とりあえず机上では出来たので、これから自分でも作ってみたいと思います!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です